男性と女性では抱く印象に差がある事を念頭にメイクをしよう!

女性が可愛いと思う女の子と、男性が可愛いと思う女の子は異なるケースが多いです。

女性が思う女らしさと、男性から見た女らしさは一致しなかったりもします。

色の見え方も、同じ色でも男女では多少の違いが有る事が分かっています。

同じようにメイクに対するイメージにも、男女差が有ると考えられます。

例えば女性としては目をぱっちり大きく見せるために、睫毛を盛りたいと思う人が沢山いるでしょう。

そのためマスカラで足りなければ、付け睫毛を使う事も少なくないと思います。

しかし男性からするとバサバサし過ぎている睫毛を見て怖く感じたり、派手過ぎて悪印象を抱いたりもするのです。良かれと思ってやったことが、完全に逆効果になってしまうのです。男性は睫毛を盛ったりする習慣がないので、奇異に感じるのかもしれませんね?

それから赤いグロスの事をセクシーで魅力的な色と思う女性が多々居るでしょうが、男性目線だと唇だけが目立つと思う事もあるそうです。往年の女優さん等は勝負のメイクは真っ赤なグロスを使うという人もいますが、あちらは女優さん、こちらは一般人ということで、そのあたりの自身のパーツとのかねあいも良く考える必要があるのかもしれません。また辛口な意見では、唇お化けの称号を与える人もいます。

全員が全員付け睫毛や赤い唇を嫌うわけでは有りませんが、良い印象を抱く男性はそんなに多くはないというデータが出ているのも事実です。

男性からは、自然に近い薄いメイクが人気です。実はこのナチュラルメイクというのが一番難しいのですが、まずはやってみるしかありません。

ですから多くの男性ウケの良い無難なメイクを所望するのなら、濃すぎるメイクは控えた方が良いでしょう。

Planner の紹介

美容やファッションに興味を持ちだした、とあるプランナーです。 自分の興味のある事を不定期で発信していこうと思います。
カテゴリー: メイク編 パーマリンク